チャットワークとLINEの違いをユーザ目線で解説【ChatWorkオススメ】

  • 最近チャットワークの存在を知ったんだけど、LINE(ライン)との違いって何かな?
  • これからチャットワークを使ってみたいんだけど、事前にLINE(ライン)との違いを知っておきたい
  • チャットワークって、LINE(ライン)と比べても問題なく使えそうかな

と気になっていませんか。

LINE(ライン)の個人情報流出事件もあり、LINE(ライン)からチャットワークに乗り換えようとしている人(企業)も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではLINE(ライン)もチャットワークも毎日使っている私が、これからチャットワークを使おうと思っている人向けに、LINE(ライン)との違いをユーザ目線で解説します。

この記事を読むことで、チャットワークが使いやすいのかどうか具体的にイメージができるようになります。

企業でチャットワークを導入しようと思っている人にはもちろん、プライベートでチャットワークを使おうと思っている人にも役立つように書いていますので、最後まで読んでくださいね。

目次

ユーザ目線でのチャットワーク(ChatWork)とライン(LINE)の違いは3つ

チャットワークとLINE(ライン)を毎日使っている私が感じる、使い勝手の違いは主に3つです。

※なお、「LINE(ライン)ワークス」ではなく、あくまで「LINE」の話となります。また、チャットワークは無料版を前提としています。

チャットワークとLINEの違い3つ
  • LINEとの違い①︰チャットワークは返信へのストレスが少ない
  • LINEとの違い②:チャットワークは絵文字がシンプルでセンス良い
  • LINEとの違い③:チャットワークは便利なメモ帳にもなる

チャットワークとLINE(ライン)の違い3つについては、のちほど詳しく解説します。

ビジネス使いであればチャットワークが便利

チャットワークはビジネス用に作られているため、もしビジネスや仕事でLINE(ライン)を使っている人は、チャットワークを検討する価値は大いにあります。

  • タスク管理が可能
  • メッセージの引用がLINE(ライン)よりもやりやすい

などなど、チャットワークにはビジネス使いに便利な機能が搭載されています。

チャットワークはプライベートで使うことももちろん可能ですが、プライベートではLINE(ライン)を使っている人の方が圧倒的に多いため、使いたくても使えない場面が多いでしょう。

LINEとの違い①︰チャットワークは返信へのストレスが少ない

ここからはチャットワークについて、LINE(ライン)との違いを詳しく解説します。

LINE(ライン)との違い1つ目は「チャットワークは返信へのストレスが少ない」です。

私は3つの点において、チャットワークはLINE(ライン)よりもストレスの少ないメッセージアプリだと感じています。

  • 「既読」機能はない
  • 各メッセージにリアクションができる

それぞれ、もう少し詳しく解説します。

「既読」機能がない

チャットワークには「既読」の機能がありません

LINE(ライン)には「既読スルー(無視)」という言葉があるように、既読という概念がかなりやっかいなことがあります。

「既読なのになんで返信してくれないの?」と言われたときは、イラッとしますよね。

チャットワークには「既読」の機能がないため、メッセージを見たかどうかは相手に通知されません。

LINE(ライン)との大きな違いとして、チャットワークには「既読機能がない」ことが挙げられます。

各メッセージにリアクションができる

チャットワークのチャットでは、各メッセージに対してリアクションができます

具体的には、以下の画像のような感じです。

赤枠部がリアクションです

特に返信すべき内容ではないけど、何か反応してあげないとな…」というシチュエーションで、このチャットワークのリアクションは大活躍します。

最近ではビジネスチャットツールとしてもよく使われるマイクロソフトのTeamsや、Slack社のアプリでも、各メッセージに対してリアクションをすることができます。

LINE(ライン)との違いとして、チャットワークでは各メッセージにリアクションができる点はとても便利です。

LINEとの違い②:チャットワークは絵文字がシンプルでセンス良い

LINE(ライン)との違い2つ目は「チャットワークは絵文字がシンプルでセンス良い」です。

チャットワークはメッセージ内で使える絵文字が洗練されており、LINE(ライン)のようにゴチャゴチャしていません。

チャットワークで使える絵文字は以下の画像のとおりです。

チャットワークの絵文字

この画像では伝わりませんが、すべての顔文字はGIF画像となっているため可愛く(センスよく)動きます。

また、チャットワークでは各スマホではじめから使える顔文字は使えませんので、メッセージ内では上記の画像の顔文字のみを使うことになります。

一方で、LINE(ライン)の場合は顔文字・スタンプが豊富なのは良いですが、ビジネスではほとんど使いませんよね。

以上、LINE(ライン)との違いの1つとして、チャットワークでは顔文字がシンプルでセンスが良いことを紹介しました。

LINEとの違い③:チャットワークは便利なメモ帳にもなる

LINE(ライン)との違い3つ目は「チャットワークは便利なメモ帳にもなる」です。

チャットワークには「マイチャット」という機能があり、自分のためにメッセージを発信することができる機能があります。

こんな感じでメモ代わりとして使えます

例えば、以下のようなことができます。

  • 気になるニュースがあったけど、後で読みたいからリンクを貼り付けておく
  • PCとスマホ両方で同じ情報にアクセスする(メモや、URLリンクなど)
  • とりあえず気になったことをメモ

私はよく、yahooニュースやlivedoorニュースの記事をためておくために、マイチャットにURLをペタペタ貼っています。

以上、LINE(ライン)との違いとして「チャットワークは便利なメモ帳にもなる」ことを紹介しました。

まとめ:チャットワークとLINEの主な違い3つをユーザ目線で解説

チャットワークとLINE(ライン)の主な違い3つをユーザ目線で解説しました。

主な違いは以下の3つです。

チャットワークとLINEの違い3つ
  • LINEとの違い①︰チャットワークは返信へのストレスが少ない
  • LINEとの違い②:チャットワークは絵文字がシンプルでセンス良い
  • LINEとの違い③:チャットワークは便利なメモ帳にもなる

チャットワークは有料プランもありますが、無料でも必要十分な機能を備えていますし、まずはダウンロードして使ってみることをおすすめします。

チャットワーク ダウンロードページ(公式HPより)

また、LINE(ライン)以外の国産アプリを探している人向けの記事もありますので、合わせて読んでくださいね。

【LINEの代わり】国産(日本製)のチャット・メッセージアプリ厳選2つ

最後までお読み頂きありがとうございました。

目次
閉じる