フウ・フェイフェイの経歴・学歴を徹底解説【柴咲コウとの共同経営者】

  • 柴咲コウが保有している牧場の共同経営者とされるフウ・フェイフェイっていったい何者?
  • フウ・フェイフェイはイギリスの貴族とも交流があるらしいけど、どんな経歴をもってるの?
  • 中華系の実業家らしいけど、なぜ柴咲コウの牧場で共同経営者として働いてるの?

と、気になりますよね。

柴咲コウさんが北海道で経営する牧場の共同経営者として注目を浴びているフウ・フェイフェイ氏は「イギリス貴族との関わりがある」「中華系の実業家」「柴咲コウのビジネスパートナー」など、ツッコミどころがありすぎるため、経歴や学歴がとても気になりますよね。

そこで、この記事ではフウ・フェイフェイ氏の経歴や学歴にフォーカスした詳しい解説をしていきます。

「フーフェイフェイ氏、実業家ってことはやっぱり頭も良い?」「フー・フェイフェイ氏はどんな過去を歩んで柴咲コウのビジネスパートナーになったの?」と気になる人は、この記事を最後まで読んでくださいね。

目次

フウ・フェイフェイの経歴・学歴はエリートそのもの

この投稿をInstagramで見る

Fei-Fei(@feing0706)がシェアした投稿

1981年7月6日生まれ(2021年で40歳)のフウ・フェイフェイ氏はエリートな経歴を歩んでいます。

  • 中国の上海で生まれる
  • 1988年の7歳時で東京に引っ越し、4年間は日本で暮らす
  • 1992年の11歳時に南アフリカに引っ越し、青年時代はヨハネスブルクで過ごす

幼少期〜青年期を中国、日本、南アフリカで過ごしているため、当然フウ・フェイフェイさんは多言語を扱えます(英語・日本語・中国後(北京・上海))。

幼い頃からグローバルな環境で育っていて、多様な価値観に触れているがゆえに、のちに紹介する偏差値が超高い大学に進学するくらいの頭脳になったと考えられます。

大学は「早稲田大学」と「オックスフォード大学」を卒業している

フウ・フェイフェイ氏のFacebookによると、2003年に「早稲田大学 人類学専攻」、2004年に「オックスフォード大学 哲学専攻」を卒業しています。

参照:Facebook

早稲田、オックスフォードどちらも知らない人はいないくらい、よく聞く有名大学ではありますが、どちらも非常に偏差値が高い大学で、早稲田大学は進学校でもわりとトップクラスの学生でないと合格できないような学校です。

また、オックスフォード大学は世界大学ランキング「1位」の常連学校で、フウ・フェイフェイ氏が天才的な頭脳の持ち主であることは、もはや説明不要です。

※ちなみに、日本の最高学府とされる東京大学ですら、世界ランキングだと50位前後です

イギリス王室での勤務経験あり

フウ・フェイフェイさんの仕事については多くが明かされていませんが、唯一「イギリス王室で働いていた」という情報は公開されています。

つまり、エリザベス情報やヘンリー王子、メーガン妃の近くで働いていたことになりますので、フウ・フェイフェイさんはとても品位が高いことが容易に想像できます。

また、イギリス王室で勤務されていたことが分かる1枚の画像があります。

この投稿をInstagramで見る

Fei-Fei(@feing0706)がシェアした投稿

↑の画像は、エリザベス女王と故フィリップ国王の真後ろにフウ・フェイフェイ氏がいます。

ポロの観戦シーンが切り取られた1枚ですが、イギリス王室で勤務されたことが伺える画像です。

フウ・フェイフェイの経歴その①:六本木の「鮨 海界」を経営

YAHOOの記事では、フウ・フェイフェイさんに関して「すし店も経営している」と記載があります。

六本木にある高級すし店も経営。結婚していて、都内の一等地に自宅があります

YAHOOニュース

この六本木にある高級すし店とは「鮨 海界」というお店のことです。

食べログ3.6と評価はものすごく高く、ミシュラン三つ星も獲得するほどの名店です。

参照:食べログ

なお、フウ・フェイフェイさんはFacebookで「鮨 海界」について触れています。

参照:Facebook

恐るべし、フウ・フェイフェイ氏の経歴。。

フウ・フェイフェイの経歴その②:柴咲コウとの出会いのきっかけはポロ

ここからは、フウ・フェイフェイ氏と柴咲コウさんとの気になる経歴を解説します。

「そもそも、フウ・フェイフェイと柴咲コウはどうやって出会ったの?」と気になるかと思いますが、きっかけはポロ(馬に乗りながら行う団体球技)です。

2015年に柴咲コウさんが「アナザースカイ」という番組でイギリスのロンドンでポロの撮影をした際、フウ・フェイフェイさんと出会っています。

ちなみに、以下は当時柴咲コウさんがポロに励んでいる時の画像です。

参照:https://www.cinemacafe.net/

日本文化も知っているフウ・フェイフェイさんですし、日本人の柴咲コウさん(しかも美人)がポロに挑戦したことは、もともとポロが好きだったフウ・フェイフェイさんにとって新鮮に映ったに違いありません。

柴咲コウの牧場である北海道ホームファームを解説【北海道のどこ?】

フウ・フェイフェイは既婚?【柴咲コウとの結婚はありえるのか】

フウ・フェイフェイ氏と柴咲コウさんが共同で経営する牧場を詳しく知りたい人は、↑の記事も合わせて読んでくださいね。

フウ・フェイフェイの経歴その③:日本でポロの競技を広めるために北海道へ

イギリスで柴咲コウさんと出会った翌年の2016年に、当時クーリエ・ジャポンという雑誌に連載中だったフウ・フェイフェイさんの記事内に「日本でポロを広めたい。北海道が理想的」という旨を記載していました。

柴咲コウさんが経営する「北海道ホームファーム」では、遅くとも2018年からはフウ・フェイフェイさんも経営に参画されていることは、Facebookやインスタグラムからわかります。

日本ではポロの競技人口は数える程度しかいないようですが(そもそも馬に乗れる人も少ないですし、ポロをするような広大な土地もそこら中にあるわけではないですからね…)、フウ・フェイフェイさんの活動もあってか、日本国内でのポロの活動を着実に広めているようです。

参照:Facebook

北海道では、ポロの競技人口が少しずつ増えていくかもしれませんね。

まとめ:フウ・フェイフェイ(柴咲コウとの共同経営者)の経歴・学歴が華やかすぎた件

フウ・フェイフェイ氏の経歴・学歴を深堀りして詳しく解説をしました。

もう一度、フウ・フェイフェイ氏の華やかな経歴をまとめます。

  • 子供の頃からグローバルな経験をしている
  • 世界大学ランキング1位のオックスフォード大学出身
  • イギリス王室での勤務経験あり
  • 六本木にある高級すし店「鮨 海界」を経営
  • 2015年にイギリスで柴咲コウに出会う
  • 現在は「北海道ホームファーム」の共同経営者として、柴咲コウを支えている

…経歴がすごすぎる。。

幼い頃から現在にいたるまで、とんでもない経験をされています(その分、裏で努力もたくさんされているのだと思います)。

今後も、フウ・フェイフェイ氏にしかできないことをやり遂げてほしいと願います。

フウ・フェイフェイって誰?顔画像8枚で解説【柴咲コウのパートナー】

フウ・フェイフェイ氏の顔画像をたくさん紹介した記事も↑にありますので、合わせて読んでくださいね!

目次
閉じる