ゲオがなぜコンビニを?ゲオヤの詳細と食品小売への進出理由【画期的!】

悩む人

ゲーム販売・DVDレンタルのゲオがゲオヤ(GEO-YA)っていうコンビニを出店したったほんとですか?食品小売業界への進出理由も気になるし、他のコンビニと比べてゲオヤ(GEO-YA)にどんな特徴があるのか気になります。

ゲーム販売やDVDレンタルでメジャーなゲオが、いきなりコンビニを出店するとはかなり驚きですよね。

この記事では、2021年1月に初出店したばかりのゲオヤ(GEO-YA)の詳細情報や、なぜ食品小売に進出したのかを解説します。

ゲオヤ(GEO-YA)はセブンやローソンなどの大手コンビニとは違った戦略を展開していて、けっこう便利そうなコンビニですよ。

この記事を読むことで、ゲオヤ(GEO-YA)の詳細情報がわかり、きっとゲオヤ(GEO-YA)に行きたくなります。

ゲオヤ(GEO-YA)が気になる人は、この記事を最後まで読んでください。

目次

ゲーム・レンタルのゲオが「ゲオヤ」の名でコンビニを実験的にオープン

2021年1月にゲオホールディングスの株式会社ゲオリテールが「ゲオヤ」の名で、コンビニを2店舗オープンさせました。

DVDレンタルやゲームソフトなどの買い取り・販売店「GEO(ゲオ)」や、総合リユースショップ「セカンドストリート」などを展開するゲオグループが新業態「GEO-YA(ゲオヤ)」の運営を開始した。

zakzak by 夕刊フジ/2021年2月15日

2021年1月に2店舗オープンしたのは東京の「蓮根2丁目店」と「ときわ台駅前店

2021年にゲオヤ(GEO-YA)は2店舗オープンしました。

1店舗目は「蓮根2丁目店」です。

  • ゲオヤ 蓮根2丁目店:東京都板橋区蓮根2丁目19−1
  • 営業時間:朝6:00~夜23:00

2店舗目は「ときわ台駅前店」です。

どちらも板橋区にあり、わりと住宅街に立地しています。

都心からは少し離れて、あえて激戦区を避けた立地戦略がうかがえますね。

現在は試験中で、結果次第では3店舗目も予定している

ゲオヤ(GEO-YA)は現在、実験的に2店舗をオープンしています。

この2店舗がうまくいけば、他エリアに進出する可能性は十分にありそうです。

ターゲットは「単身者、共働き、シニア。通勤の行き帰りに利用してもらうことを想定している」(ゲオホールディングス広報課)という。あくまでも実験店で、3号店の出店計画は現時点では未定だという。

食品産業新聞社/2021年2月15日

普通のコンビニとはちょっと違うゲオヤの特徴と詳細について

これだけコンビニが飽和する日本で、あえてコンビニの事業を展開するゲオホールディングスは、結構強気に感じますよね。

しかし、ゲオヤ(GEO-YA)は大手のセブンやローソン、ファミマなどとは違った面白い特徴があるため、すべて紹介します。

  • 特徴①:タバコを吸うスペースが用意されている
  • 特徴②:無人レジで、各店舗の正社員1人だけ
  • 特徴③:おにぎりなどの腐りやすい商品は扱わない
  • 特徴④:狭小な土地に出店している
  • 特徴⑤:年会費500円でタバコ以外が10%オフ
  • 特徴⑥:なぜか焼き芋とコーヒーには力を入れている

それぞれの特徴を解説します。

特徴①:タバコを吸うスペースが用意されている

ゲオヤ(GEO-YA)の特徴1つ目は「タバコを吸うスペースが用意されている」です。

喫煙者には厳しい(喫煙スペースの排除や、タバコの値上がり)世の中になってきていますが、時代を逆光するようにあえてGEO-YAは喫煙スペースを設けています。

2020年4月から多くの人が集まる場所(飲食店など)では原則禁煙のルールができましたので、タバコを吸える場所が増えたのは、喫煙者にとってはありがたいですよね。

特徴②:無人レジで、各店舗の正社員1人だけ

ゲオヤ(GEO-YA)の特徴2つ目は「無人レジで、各店舗の正社員1人だけ」です。

レジはセルフレジで現金、クレジット、電子マネー、QRコードに対応しています。

昨今、ユニクロでも無人レジ化が進んでいるように、今後はコンビニでも無人化が進んでいく見込みです(実際に、ローソンでは実験的に無人店舗も開発しています)。

なんと、GEO-YAは大手コンビニにも負けないスピードで無人レジを導入していますので、人件費が抑えられる分だけ利益率が上がりますし、人手・アルバイト不足が叫ばれる昨今では理想的な運営ですよね。

特徴③:おにぎりなどの腐りやすい商品は扱わない

ゲオヤ(GEO-YA)の特徴3つ目は「おにぎりなどの腐りやすい商品は扱わない」です。

ゲオヤ(GEO-YA)が扱うのは「カップ麺や菓子、飲料など日持ちする食品のみ」に特化しています。

大手コンビニはフードロスで度々ニュースになりますが、GEO-YAはその問題も起きなそうですね。

ゲオホールディングスには「セカンドストリート」というリユース事業もあるように、地球に優しいイメージがコンビニ「ゲオヤ」にも現れているような気がするのは、私だけでしょうか。

特徴④:狭小な土地に出店している

ゲオヤ(GEO-YA)の特徴4つ目は「狭小な土地に出店している」です。

蓮根2丁目店とときわ台駅前店のどちらも、通常のコンビニの3分の1のスペースですので、かなり狭小な場所に立地しています。

取扱商品は1000点ほどで、その分厳選をしているそうです。

特徴⑤:年会費500円でタバコ以外が10%オフ

ゲオヤ(GEO-YA)の特徴5つ目は「年会費500円でタバコ以外が10%オフ」です。

コンビニの年会費制は、大手コンビニにはあまり見られない新しい仕組みですね。

年間5,000円買えば年会費を回収できる計算ですが、1つのコンビニで年間5,000円も使うのかな?と疑問に思ってしまいますが、面白い試みに感じます。

特徴⑥:焼き芋とコーヒーには力を入れている

ゲオヤ(GEO-YA)の特徴6つ目は「なぜか焼き芋とコーヒーには力を入れている」です。

石焼き芋は「紅はるか」のブランド芋を使用し、1個100円と価格もかなり攻めています。

また、コーヒーはドトールの豆を使用しており、こちらも1杯100円とかなり嬉しいプライスです。

焼き芋といえば100円ローソンのイメージがありますが、今後ゲオヤ(GEO-YA)が全国展開されれば、コンビニで焼き芋が買えるようになりますね(笑)。

ゲオがなぜコンビニ「ゲオヤ」で食品小売に進出をしたのか

なぜゲオホールディングスがコンビニ「ゲオヤ」で食品小売に進出をしたのでしょうか。

理由は2つあります。

  • 理由①:コンビニの廃棄問題を解消した環境型コンビニを開発するため
  • 理由②:ITの積極活用で他事業にも展開をするため

それぞれ解説します。

理由①:コンビニの廃棄問題を解消した環境型コンビニを開発するため

ゲオホールディングスがゲオヤ(GEO-YA)で食品小売に進出した理由1つ目は「コンビニの廃棄問題を解消した環境型コンビニを開発するため」です。

ゲオホールディングス広報課によると、小売業として食品ロス削減にチャレンジしたいという考えから、新業態「GEO-YA」を立ち上げたという。

食品産業新聞社/2021年2月15日

とても素晴らしい試みですよね。

ゲオヤ(GEO-YA)の特徴でも紹介したように、日持ちする商品をメインで扱うのも、廃棄問題や食品ロス削減につなげるためだと考えられます。

理由②:ITの積極活用で他事業にも展開をするため

ゲオホールディングスがゲオヤ(GEO-YA)で食品小売に進出した理由2つ目は「ITの積極活用で他事業にも展開をするため」です。

ゲオホールディングスのグループ業績報告の中に、重点取り組み事項として「ITの積極活用」があります。

ゲオはゲーム販売やリユース事業がメインの会社ですので、ゲオヤ(GEO-YA)で培った無人レジやIT技術は他の事業にも展開することができますし、もし展開ができれば店舗の効率も格段に上がります。

ITの積極活用という意味でも、ゲオヤ(GEO-YA)の今後の展開には注目が集まります!

新たなコンビニ「ゲオヤ」の口コミ

Twitterでもゲオヤ(GEO-YA)に注目が集まっていますので、いくつか紹介します。

ゲオヤ(GEO-YA)の認知度はまだ低いようですね。

今後に期待です!

まとめ:ゲオヤはぜひとも全国展開されてほしい!

ゲオホールディングスが新たに展開しているコンビニ「ゲオヤ(GEO-YA)」を詳しく解説しました。

大手のコンビニとは違った戦略を取っていて面白いですよね。

ドドールのコーヒー豆から挽いたコーヒーが1杯100円で買えるのはうれしいです。

まだ実験店舗らしいので、今後の展開が楽しみですし、東京以外にもぜひ出店されることを期待します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

目次
閉じる