【画像】池田太の若い頃からの経歴を徹底解説【元浦和レッズ・なでしこ監督候補】

  • なでしこジャパン高倉麻子の後任候補とされている池田太って、若い頃は活躍していた人なの?
  • 池田太の若い頃からの経歴って、どれくらいすごいの?
  • なでしこジャパンの監督になるくらいであれば、池田太は若い頃にけっこうな実績を積んでるはずだよね?

と感じていませんか。

なでしこジャパンは近年は低迷中で、2021年の東京五輪でも結果を出すことができず、高倉麻子さんは監督を後任することが決まりました。

高倉麻子監督の評価・采配を五輪の結果から徹底分析【解任が決定】

そんな中、なでしこジャパンの次期監督候補として「池田太」さんの名が上がりました。

「池田太って誰?」「池田太って今まで聞いたこと無いけど…」と思った方も多いはず。

この記事では、池田太さんの過去や若い頃にフォーカスして「どれだけスゴい人なのか」「若い頃にどんな実績を残しているのか」を詳しく解説します。

池田太さんの若い頃の画像(しかもイケメン)も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

目次

池田太の若い頃①:現役の選手時代はしっかり実績も残している

なでしこジャパンの次期監督候補とされている池田太さんは、若い頃の選手時代はしっかり実績を残されています。

小学校〜高校時代・大学時代それぞれ解説をします。

池田太の小学校〜高校生時代

池田太さんは小学校からサッカーを始めていて、小・中学校時代は学校のチーム・部活動でプレーをされていました。

私は足が速かったということもあって、そのままサッカーを続けました。クラブチームが多く存在しない時代ですから、地元の中学校でサッカーを続けようと思っていました。中学校にサッカー専門の先生がいらっしゃらなかった時には、なんとか先生にお願いして…笑…大会に出ていました。

武南高等学校HP

高校時代は埼玉県の「武南高等学校」でプレーをしていて、3年生の頃には高校総体でベスト4選手権ではベスト8大会優秀選手賞も受賞するなど、池田太さんは若い頃に強豪校で育っています。

高校時代の池田太(参考:いにしえの高校サッカー備忘録)

池田太さんは高校時代にチームのキャプテンも務めており、当時の監督からも絶大な信頼を得ていました。

武南高等学校では、キャプテンは投票で決めるのが恒例だったそうですが、池田太さんの場合は”指名”で決まったくらい、チームからも頼られる存在だったそうです。

大山先生:あの時は、こちらの意図と選手たちの気持ちがバッチリはまったね。フトシのことは満点に近い生徒だという印象を持っていた。フトシの人間性、キャプテンシー、チームをまとめる力は素晴らしかった。フトシの代…武南は埼玉で負けたことはなかった。

武南高等学校HP

武南高等学校はサッカーの強豪校で、成績も華々しいです。
・選手権に14回出場(優勝1回、準優勝1回)
・高校総体に20回出場(準優勝1回)
・関東大会に19回出場(なんど優勝4回)

武南高等学校出身の有名サッカー選手は、以下のとおりです。

(23期生)横山 雄次さん    AC長野パルセイロ【J3】 監督

(24期生)池田  太さん    U-20日本女子代表 監督

(26期生)伊藤  彰さん    ヴァンフォーレ甲府【J2】 監督

(38期生)細川 淳矢さん  水戸ホーリーホック【J2】 所属

(43期生)富居 大樹さん  湘南ベルマーレ【J1】 所属

(45期生)藤井 悠太さん  ザスパクサツ群馬【J2】 所属

(47期生)田代 雅也さん    サガン鳥栖【J1】 所属

(49期生)中川 風希さん    FC琉球【J2】  所属

(51期生)紺野 和也さん    FC東京【J1】  所属

(52期生)奥村 晃司さん    ザスパクサツ群馬【J2】  所属 

武南高等学校HP

池田太さんは、若い頃(高校時代)からチームをまとめる経験をされており、チームメートから信頼も厚かったことが分かりますね。

大学時代は青山学院大学でプレーし、日本代表候補に選ばれたことも

池田太さんは高校卒業後は、青山学院大学に進学をし、大学でサッカーを続けています。

青学時代はセンターバックでプレーをし、一年生からレギュラー選手として活躍をされました。

高校時代に続き大学でもキャプテンを務めています。

青学OBとして訪問した池田太(参考:青学HP)

池田太さんは、1992年のバルセロナ五輪の代表候補にも選出されているため、プレーヤーとしての評価はかなり高かったと考えられます。

池田太さんは代表合宿・親善試合には参加したものの、惜しくも代表メンバーからは漏れました。
バルセロナ五輪では、「澤登正朗」「名波浩」「藤田俊哉」など、有名選手が多く選出されていました。

大学卒業後、池田太さんはJリーガーとなります。

池田太の若い頃②:浦和レッズでプレーするも現役引退は26歳という若さ

参考:レッズ戦士広辞苑

池田太さんは大学卒業後、浦和レッズ(浦和レッドダイヤモンズ)に入団します。

今でこそ浦和レッズは誰もが知るサッカークラブであり、Jリーグでもトップを争うことも多いのですが、池田太さんが入団した1993年は「暗黒時代」と呼ばれるくらい、2年連続でJリーグ最下位も経験した時代でした。

池田太さんは1994年から試合出場機会も増えましたが、レギュラー争いが激しくなっていき、26歳という若さでプレーヤーとして引退をします。

以下の画像は、池田太さんの若い頃(浦和レッズ時代)の珍しいカードの画像です。

1996年に現役を引退し、その翌年1997年からは浦和のユースコーチとして、指導者としての人生が始まりました。

池田太は若い頃からコーチを務め、アンダー女子での監督実績もある

池田太さんは20代後半からサッカーの指導者として活動をしています。

コーチ、監督として以下のような実績をもっています。

1997年~1999年 浦和レッズ ユースコーチ

2000年~2001年 浦和レッズ ユース監督

2001年~2002年 浦和レッズ ユースコーチ

2002年~2008年 浦和レッズ トップチームコーチ

2009年~2011年 浦和レッズ ハートフルクラブコーチ

2012年~2016年 アビスパ福岡コーチ

2017年 U-19日本女子代表監督

2018年 U-20日本女子代表監督

2019年 U-19日本女子代表監督

2020年 U-20日本女子代表監督

JFA

こうやって経歴を見ると、池田太さんはすでに20年以上も指導者として活動をされていて、もはやプレーヤー時代よりも長いことがわかりますよね。

ちなみに、2016年〜2021年までなでしこジャパンの監督を務めた高倉麻子さんは、A代表の監督を務める2016年までの指導者経験はおよそ5年間でした。

とすると、池田太さんは高倉麻子さんの4倍ほどの指導者期間を経て、なでしこジャパンの監督になるわけですから、これからのなでしこジャパンがどうなるのか楽しみですよね!

池田太が監督を務めた「2018 FIFA U-20女子ワールドカップ」では優勝経験あり

参考:JFA

池田太さんは2017年から女子サッカー(アンダー)の監督も務めています。

特筆すべきは、池田太さんが監督を務めた「AFC U-19女子選手権2017」「2018 FIFA U-20女子ワールドカップ」で優勝していることです。

当時、女子代表選手からの信頼はとても厚く、以下のようなエピソードも残っているくらいです。

MF長野風花(19=仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)は「その言葉を聞いた時に、やるしかないと思った。太さんのために勝ちたいとみんな口に出して言っていたし、感謝しかないです。太さんと一緒に戦った1年半という短い時間の中で人柄、熱い思いがダイレクトに伝わってくる、すごい監督」と感謝の言葉を口にした

日刊スポーツ

南も「太さんは、その(出会った)時から熱男で、ミーティングでも誰よりも熱男。このすばらしい監督を世界一にしたいと思った」

日刊スポーツ

MF宮沢ひなた(18=日テレベレーザ)も「熱血でいつでも選手を第一に考えてくれて、太さんの下でサッカーやれたのは宝物。本当に太さんを世界一の監督にすることが出来て良かったと思います」

日刊スポーツ
日刊スポーツ

池田太さんは、選手たちからも「熱男」「太さん」と呼ばれ、とても人望の厚い監督だったようです。

過去に、女子サッカーワールドカップを優勝に導いた佐々木則夫監督を彷彿させますね!

指導者としての実績も申し分なく、選手から慕われる存在である池田太さんは、なでしこジャパンの監督としてすごく期待ができそうです!

まとめ:池田太は若い頃からコーチ経験も長く、女子サッカー日本代表での人望も厚い

池田太さんの若い頃にフォーカスして、学生時代〜指導者時代について詳しく解説をしました。

また、若い頃の珍しい画像もたくさん紹介しました(池田太さん、若い頃はイケメンですし、歳をとってもダンディでカッコいいですよね)。

サッカー選手としては26歳という若さで引退し、その後はずっと指導者として活動されている池田太さんがなでしこジャパン監督になれば、何かを変えてくれそうな気がすごくしますよね!

2018 FIFA U-20女子ワールドカップでの優勝経験、そして選手からの人望の厚さからして、池田太さんは「なでしこジャパン監督の適任者」と考えられます。

今後のなでしこジャパンに期待です!

以下、なでしこジャパン選手の関連記事も合わせて読んでみてくださいね。

目次
閉じる