コーツ副会長(委員長)が来日!宿泊ホテルがどこかを詳しく紹介

  • IOCでバッハ会長の次によくニュースになるコーツ副会長(委員長)が来日したけど、どこのホテルに宿泊するの?
  • コーツ副会長(委員長)が来日して東京のホテルに宿泊するというニュースがあるけど、どこのホテルなの?
  • こんなご時世でも、コーツ副会長(委員長)レベルになると宿泊するホテルもきっと超高級なのかな…

と、気になっていませんか。

バッハ会長に先立って、コーツ副会長(委員長)が2021年6月15日に来日しましたが、東京のどこのホテルに宿泊するのかが詳しく報道されていないため、気になりますよね。

そこで、この記事ではコーツ副会長(委員長)が来日してから宿泊する東京のホテルを詳しく解説します。

「オリンピックはIOCの金儲けのためにあるイベントだ」などと言われることも多く、国の税金負担も大きいイベントだからこそ、IOCに所属するコーツ副会長(委員長)がどれほど高級なホテルに宿泊するのか気になりますし、その費用感も知りたいですよね。

「コーツ副会長(委員長)はいったいどれだけ立派なホテルに宿泊するの?」「やっぱり、コーツ副会長(委員長)レベルになると東京の高級ホテルで宿泊するの?」と気になっている人は、この記事を最後まで読んでください。

目次

コーツ副会長(委員長)は東京港区の4つ星〜5つ星のホテルに宿泊

先に結論を言うと、コーツ副会長(委員長)が来日中に宿泊するホテルは「ホテルオークラ」であると考えられます。

※この記事は、ホテルオークラの営業妨害を全く意図していません。

 この記事を元に、ホテルオークラに妨害の連絡をするのは絶対におやめいただけますようお願いします。

根拠は3つあります。

コーツ副会長(委員長)がホテルオークラに宿泊している根拠
  • 根拠①:東京都港区のホテルであることは確定
  • 根拠②:4つ星〜5つ星のホテルであることも確定
  • 根拠③:コーツ副会長(委員長)がホテルに入る際のエントランス画像がオークラと一致

③つの根拠をそれぞれ詳しく解説します。

根拠①:東京都港区のホテルであることは確定

コーツ副会長(委員長)がホテルオークラに宿泊している根拠1つ目は「東京都港区のホテルであることは確定」です。

38日後に開幕するオリンピックの最終調整のための特例入国ですが、今週金曜日(18日)までは港区内のホテルで隔離生活を送ります。

TBS NEWS/2021年6月15日

上記のTBS NEWSの報道の通り、コーツ副会長(委員長)は間違いなく港区のホテルに宿泊していますし、ホテルオークラも東京都港区虎ノ門にあります。

ただ、これだけの情報ではコーツ副会長(委員長)の宿泊ホテルがホテルオークラと限定できません。

つづいて、2つ目の根拠を次で解説します。

根拠②:4つ星〜5つ星のホテルであることも確定

コーツ副会長(委員長)がホテルオークラに宿泊している根拠2つ目は「4つ星〜5つ星のホテルであることも確定」です。

IOCは開催都市契約に付属する要件で「四つ星~五つ星のホテルを1600室、33泊確保すること」を義務付けており、組織委は三つのホテルの部屋を確保している。

朝日新聞デジタル/2021年6月11日

上記の通り、IOCは4つ星〜5つ星のホテルを三つ確保しています。

ホテルオークラは、もちろん5つ星のホテルです。

他にも、港区には5つ星のホテルがいくつもあります。

  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • グランドハイアット東京
  • コンラッド東京

などなど、ホテルオークラ以外にも5つ星のホテルがたくさんあるため、コーツ副会長(委員長)の宿泊ホテルがオークラだとはまだ断言できません。

次の3つ目の根拠で、コーツ副会長(委員長)がホテルオークラに宿泊してる可能性が更に高まります。

根拠③:コーツ副会長(委員長)がホテルに入る際のエントランス画像がオークラと一致

コーツ副会長(委員長)がホテルオークラに宿泊している根拠3つ目は「コーツ副会長(委員長)がホテルに入る際のエントランス画像がオークラと一致」です。

まずは、コーツ副会長(委員長)が来日した際、ホテルに入る瞬間を捉えた画像です。

参考:JIJI.COM

メガネの女性の後ろにある柱と看板が、わりと特徴的ですよね。

実際に、ホテルオークラのエントランス(入り口)の画像を見てみましょう(ツイッターを引用させていただきます)。

壁はかなり似ていますよね。

おそらく、コーツ副会長(委員長)は地下の車寄せの入り口からホテルオークラに入ったと考えられます。

以上、3つの根拠から、コーツ副会長(委員長)の宿泊ホテルはホテルオークラである可能性がとても高いです。

バッハ会長(ぼったくり男爵)が来日!宿泊先ホテルはどこ【オークラ?】

IOCバッハ会長の宿泊先ホテルも詳しく解説しているので、合わせて読んでくださいね!

コーツ副会長(委員長)来日時のホテル宿泊費はどれくらい?

コーツ副会長(委員長)は来日時にホテルオークラに宿泊している可能性が高いことを解説しましたが、ホテルの宿泊費や、そのホテルがどれくらいスゴイ施設なのか気になりますよね。

コーツ副会長(委員長)の宿泊費は200万円以上

コーツ副会長(委員長)来日時のホテル宿泊費は、およそ300万円だと考えられます。

  • コーツ副会長(委員長)は6月15日からオリンピック閉会(8月8日)まで日本に滞在=およそ50日近く
  • 東京の4~5つ星ホテルで、一泊3~5万円は確実(ホテルオークラは、一人宿泊であっても、一番安くて3万円くらいで、高いと20万円以上!)
  • もともと、1泊400ドル(4万4千円)まではIOC負担の予定だった

これらの理由から、コーツ副会長(委員長)が来日している間のホテル宿泊費はざっくり200万円以上はくだらないです。

ただ、IOC幹部らの宿泊費については全額自前負担となっているので、ある意味ではホテル業界が不況の中で日本の経済を回してくれているという見方もできます。

東京オリンピック(五輪)で来日する国際オリンピック委員会(IOC)の幹部らが宿泊するホテルの宿泊料について、IOCが全額負担することになったことが10日わかった。

朝日新聞デジタル/2021年6月11日

ホテルオークラは過去にオバマ大統領も滞在

東京の5つ星ホテルのホテルオークラですが、2014年にはオバマ大統領も滞在するなど、世界のVIPたちが利用するホテルとしても有名です。

参考:BBC NEWS

朝食だけでも、店舗が3つあります笑

参考:The Okura TOKYO

ちなみに、ホテルオークラは一般の方も宿泊できますので、気になる方は公式HPを参照ください。

The Okura TOKYO HP

とても高級なホテルですが、一般の方でも利用ができます。

まとめ:コーツ副会長(委員長)が来日時に宿泊するホテルはホテルオークラ

「コーツ副会長(委員長)が来日時に宿泊するホテルはどこ?」という疑問に対し、ホテルオークラである可能性がとても高いことを解説しました。

コーツ副会長(委員長)の宿泊ホテルがホテルオークラである根拠を3つおさらいします。

コーツ副会長(委員長)がホテルオークラに宿泊している根拠
  • 根拠①:東京都港区のホテルであることは確定
  • 根拠②:4つ星〜5つ星のホテルであることも確定
  • 根拠③:コーツ副会長(委員長)がホテルに入る際のエントランス画像がオークラと一致

このご時世に、しかもIOCのバッハ会長よりも先にコーツ副会長(委員長)が来日したことで複雑な気持ちになる人も多いようですね。

平井デジタル担当大臣【五輪アプリの開発会社(発注先)がどこか判明】

平井デジタル担当大臣が接待したとされる、クラブKNOX麻布を徹底解説

これからますますオリンピック色に染まっていく日本で、コーツ副会長(委員長)の動向に要注目です!

※この記事は、ホテルオークラの営業妨害を全く意図していません。

 この記事を元に、ホテルオークラに妨害の連絡をするのは絶対におやめいただけますようお願いします。

 記事の削除に関するお問い合わせがございましたら、以下のフォームよりご連絡ください。

 ▶ お問い合わせ

目次
閉じる