黄蘭記者(麻生千晶)って誰?上原顔面を批判したライターの顔画像も!

  • 元プロ野球選手の上原浩治を批判したのは黄蘭(麻生千晶)っていうライターらしいけど、逆にあなたの顔画像が見てみたい
  • 黄蘭(麻生千晶)って一体誰?そもそも有名なの?
  • J-CASTのてれび見朱蘭は今後どうなるの?コラム閉鎖?

と気になっていませんか。

この記事では、上原浩治さんの顔面を批判して批判を浴びている黄蘭(麻生千晶)氏の顔画像や、どんな人物なのかを解説します。

他人の顔面を大手メディアで批判しているからこそ、黄蘭(麻生千晶)氏の顔やどんな人物なのか気になりますよね。

上原浩治さんの味方である人や、記者(ライター)である黄蘭(麻生千晶)氏の顔画像が見たい方はこの記事を最後まで読んでくださいね。

目次

記者(ライター)である黄蘭(麻生千晶)の経歴を顔画像を交えて紹介

まずは、上原浩治さんの顔面を批判した、ライター(記者)の黄蘭(麻生千晶)氏の顔画像を紹介します。

参考:麻生千晶公式サイト

麻生千晶氏は、上原浩治さんの顔面を批判したことで注目を浴びたJ-CASTの「てれび見朱蘭」において「黄蘭」という名義で記者(ライター)活動をしていました。

黄蘭(麻生千晶)氏は1961年に東京大学文学部を卒業していて、学業は超優秀です。

2021年現在で歳は83歳で、かなり高齢ではあります。

夫(本田哲夫氏)も元毎日新聞記者の記者なので、夫婦ともに執筆を生業をしているということになります。

参考:麻生千晶公式サイト

こちらは公式ブログに載っていた、黄蘭(麻生千晶)氏の夫の顔画像ですが、かなり整ったイケメン風の顔です。

上原氏の顔面を大手メディアで堂々と批判したことで批判を浴びてしまいましたが、夫(※若い頃)がイケメンだったということもあり、顔面には手厳しい方だったのかもしれません。

黄蘭(麻生千晶)はもともと批判口調・毒舌が特徴的な記者(ライター)

黄蘭(麻生千晶)氏はもともと批判・毒舌が特徴的な記者(ライター)で、公式ブログの記事を見ればその特徴をすぐに掴むことができます。

以下、公式ブログの一部を抜粋します。

子役(小林優仁)はお喋りだった渋沢栄一役に向いている唇の薄い子供を選んであって、中々達者で可愛いが、成人した栄一(吉沢亮)は気に入らない。よほどスタッフの誰かが吉沢フアンなのだろうが、のっぺり顔の吉沢を私はあまり好きではない。だいたい、彼は農家の子倅に見えない。

麻生千晶公式サイト

麻生千晶公式サイトでも、吉沢亮の顔面を批判しています。

ちなみに、吉沢亮は世間一般では間違いなくイケメンの部類ですし、女性からの支持も高い方です。

参考:NHK

イケメンの吉沢亮の顔面を批判するとなると、もはや黄蘭(麻生千晶)氏の好みに合わなければ「ボツ」という感覚なのでしょう。

続いての黄蘭(麻生千晶)氏のプロ野球に対する辛口記事から抜粋です。

若い藤波晋太郎君が今年はいいかと思ったら、相変わらずの制球難で、また、下におっこっちゃった。なんであんなに背が高くて若くて素質に恵まれている青年が、何時まで経ってもダメなのは、頭が悪いからか? それとも指導者がポンカスなのか?いい加減で立ち直れ。

麻生千晶公式サイト

見た目だけでなく、プレーに対してもかなり手厳しい黄蘭(麻生千晶)氏。

黄蘭(麻生千晶)氏の公式ブログを見ると、熱血的な阪神ファンであることからも、もともとプロ野球にはかなり詳しいようです。

元プロ野球選手の上原浩治さんが黄蘭(麻生千晶)氏に標的となってしまいましたが、過去には上原浩治さん以外にもいろんなプロ野球選手がディスられていた可能性大ですね。

まとめ:記者(ライター)の黄蘭(麻生千晶)はもともと毒舌で、上原浩治の顔面批判は日常茶飯事

今回起きた騒動は、黄蘭(麻生千晶)氏の記事に対して、元プロ野球で知名度の高い上原浩治氏がSNSで反応したことでコトが大きくなりました。

しかし、もともと黄蘭(麻生千晶)氏は批判・毒舌を特徴とした記者(ライター)ということもあり、顔面を含めた批判記事は日常茶飯事だったことが公式ブログから読み取れます。

黄蘭(麻生千晶)氏は83歳でありながら記者(ライター)業をされていますが、J-CASTの「てれび見朱蘭」はあっけない形で連載終了となってしまいましたね。

参考:J-CAST

黄蘭(麻生千晶)氏による上原浩治さんの顔面批判も、これまで通りのスタイルで執筆されたと考えられるため、黄蘭(麻生千晶)氏自身もここまで批判されると思っていなかったに違いありません。

このご時世、人の外見をイジることはかなり注意しなければいけませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

目次
閉じる