皇族の結婚一時金とは?【税金1億円の使い途】

  • 眞子さまと小室圭氏の結婚一時金が2021年は予算に計上されなかったらしいけど、そもそも結婚一時金とは?
  • 過去に、眞子さまと小室圭氏の結婚一時金に1億5,000万円も計上されてたらしいけど、おかしいでしょ…
  • 1億円以上の結婚一時金は、どんな使い途なの?てか、小室圭氏に税金使われたくない…

と感じていませんか。

「2021年度の国の予算に眞子さまと小室圭氏の結婚一時金が計上されなかった」と報道されましたが、そもそもこの皇族への結婚一時金の存在自体や、金額の大きさなど謎だらけですよね。

そこで、この記事では皇族の「結婚一時金とは」そもそも何なのか、また、使い途について解説をします。

この記事を読むことで、皇族の結婚一時金とは何かがわかります。

「そもそも結婚一時金とは?」「なんでこんなに莫大な金額なの?(小室圭氏にそんなに税金が流れるの?)」「結婚一時金の使い途は?」と感じている人は、この記事を最後まで読んでください。

目次

皇族の結婚一時金とは「法律で定められた皇族費の一部」のこと

皇族の結婚一時金とは「皇族費の一部」で、皇族が結婚をする際に一時金として支出される法律で定められた費用のことです。

皇族の結婚一時金にあたる公式解説は、以下のとおりです。

皇族としての品位保持の資に充てるためのもので,各宮家の皇族に対し年額により支出されます。

皇族費の基礎となる定額は法律により定められ,令和2年度の皇族費の総額は,2億6,932万円です。

なお,皇族費には,皇族が初めて独立の生計を営む際に一時金として支出されるものと皇族がその身分を離れる際に一時金として支出されるものもあります。

宮内庁/皇室財産・皇室の費用

皇族の結婚一時金をカンタンに解説すると

  • 「皇族が結婚をする際に支出される」法律で定められた一時金
  • 結婚一時金の目的は「皇族の品位」を保つため

と言えます。

眞子さま・小室圭氏以外にも過去に結婚一時金が支払われている

眞子さまと小室圭氏の結婚一時金については、2021年の予算には含まれなかったと報じられていますがが、ここで過去に皇室で結婚一時金を受け取った例を紹介します。

  • 天皇陛下の長女である紀宮さま:1億675万円(2005年)
  • 高円宮家の次女である典子さま:1億5,250万円(2014年)
  • 高円宮家の三女である絢子さま:1億675万円(2018年)

今後、眞子さま・小室圭氏に結婚一時金が支払われるとすると、過去の例からしても1億円以上は支出されると考えられます

また、実際に眞子さまと小室圭氏は結婚内定会見を開いた翌年2018年の予算において、結婚一時金として1億5,300万が計上されていました(この結婚一時金は結局、2018年に結婚された絢子様に使われました)。

国民の税金から捻出されている「皇族の結婚一時金」の主な使い途は住宅費

結婚一時金が「皇族としての品位保持の資に充てるためのもの」とはいえ、さすがに1億円も何に使うの?と感じますよね。

結論、結婚一時金の主な使い途は「住宅費」です。

結婚後に住む場所は指定されないまでも、皇族である以上、高水準の住宅に住まざるをえません。

  • セキュリティが万全
  • 警備員も完備(ときたま天皇陛下がお忍びで訪問することもあるため)
  • 治安の良い立地
  • 都内

これらの条件を満たす住宅となると、必然的に億を超えるような高級住宅を選ぶしかありません。

2005年に結婚した紀宮さまも、結婚後は東京目白にある当時1億円の高級マンションを購入しています。

目白といえば、学習院もありますし、2020年の坪単価は360万円/坪(88万円/平米)といった超高級住宅街です。

このように、眞子さまと小室圭氏がもし結婚して一時金を受け取る場合は、主に住宅費に当てられる可能性が極めて高いです。

ただ、小室圭氏は経済面で眞子さまを支えていけるのか?と疑問視されていますし、小室圭氏の母親が抱える借金問題もあることから「結婚一時金の使い途は借金返済なのでは?」と思われていますし、世間の評判もよろしくありません。

やはり、多額の結婚一時金(=税金)が眞子さまと小室圭氏に支出されることに抵抗を覚える国民もいます。

まとめ:皇族の「結婚一時金」とは皇族費の一部のことで、主な使い途は住宅費

皇族の結婚一時金は皇族費の一部のことで、主な使い途は住宅費であることを解説しました。

過去にも皇族で結婚一時金を受け取った人はいますが、眞子さまと小室圭氏の場合は結婚に関して問題がありすぎて、一時金が予算から外されただけでも大きな話題になっています。

2021年の予算から結婚一時金は外されてしまったため、国としても眞子さまと小室圭氏に対して結婚歓迎ムードではないのかもしれませんね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

目次
閉じる