マイナンバーカード保険証化には5つデメリットあり【危険か?】

  • マイナンバーカードが保険証と連携するサービスが始まるらしいけど、本当に保険証化して大丈夫なの?
  • 厚生労働省のHPを見ても、メリットばかりが強調されてるからデメリットをちゃんと知りたい
  • マイナンバーカード保険証化のデメリットを知った上で、手続きを進めたい

と思っていませんか。

マイナンバーカードは行政手続きのオンライン申請で使えたりと、少しずつ使い勝手がよくなっている中で、2021年3月より保険証としても利用もできるようになります(申請は必要です)。

でも、会社や医療情報と密接に関わる保険証を、マイナンバーカードで管理するのはちょっと不安になりますよね。

この記事では2021年3月から始まるマイナンバーカード保険証化のデメリットを5つ徹底解説します。

また、マイナンバーカード保険証化のデメリットに対する解決策もたくさん情報を載せています。

「マイナンバーカードの保険証化は便利そうだけど、ちょっと不安…」「マイナンバーカードの保険証化のデメリットをしっかり理解して、手続きを進めたい」という人は、この記事を必ず最後まで読んでください。

目次

マイナンバーカード保険証化のデメリット5つを徹底解説

マイナンバーカードを保険証化するデメリットは5つあります。

  • デメリット①:保険証化されたマイナンバーカードは全薬局・病院で使える訳ではない
  • デメリット②:保険証化する前にまずはマイナンバーカードを作る必要がある
  • デメリット③:すべての情報を国に管理されるという精神的な不安感がある
  • デメリット④:紛失したときのリスクが大きいカードを持ち歩かなければいけない
  • デメリット⑤:ネット環境と最低限のITリテラシーが必要

デメリットをそれぞれ、解決策とともに解説します。

デメリット①:保険証化されたマイナンバーカードは全薬局・病院で使える訳ではない

2021年3月からマイナンバーカードが保険証として使えるようになりますが、すべての薬局や病院で使えるわけではありません

Q2.全ての医療機関・薬局で使えるようになりますか。
A2.マイナンバーカードを健康保険証として利用できるよう、医療機関・薬局のシステム整備を支援しており、「令和5年3月末には概ね全ての医療機関等での導入を目指す」こととしています。

厚生労働省ホームページ

つまり、現在はマイナンバーカードを保険証として利用できる薬局や病院は限られているということです。

病院に行くたびに「この病院はマイナンバーカードに対応しているかなぁ?」と調べるのは、結構手間ですよね。となると、結局はマイナンバーカードと保険証を両方持ち歩くことになるのは、容易に想像ができますよね。

「保険証化されたマイナンバーカードは全薬局・病院で使える訳ではない」というデメリットへの対策としては、常に財布にマイナンバーカードと保険証を入れておくことで対応はできます。

(…財布は少し膨らんでしまいますけど)

デメリット②:保険証化する前にまずはマイナンバーカードを作る必要がある

マイナンバーカードを保険証化する前に、まずはマイナンバーカードを作る必要があります。

マイナンバーカードを作ることがそもそも手間ですし、マイナンバーカードを作った後に更に保険証化のための申請をしなければいけないので、けっこう手間ですよね。

マイナンバーカードの普及は4人に1人くらいと言われていますので、ほとんどの方はまだマイナンバーカードすらもっていない場合が多いと思います。

ただ、最近はマイナンバーカードの申請はだいぶラクになっているようですので、保険証化を検討している人はカードを作っておくと良いでしょう。

(スマートフォン、パソコン、証明写真機、郵送など、お好みの方法で申請ができます)

以下のリンクから、手続きの方法を知ることができますので、参考にしてみてください。

厚生労働省 マイナンバーカードの総合サイト

デメリット③:すべての情報を国に管理されるという精神的な不安感がある

「個人情報が流出するのではないか」「健康情報は人に知られたくない」と思う人も多いですよね。

そもそもマイナンバーカードを申請する以前に「マイナンバー」は国に管理されており、すでに個人情報流出のリスクをはらんでいるのですが・・・

マイナンバーカードと保険証の情報紐付けは、個人情報の流出面でかなり不安になりますよね。

国の機関と日本のトップ企業が構築しているデータベースなので、個人情報流出の可能性はかなり低いと思われますが、どうしても心配な人は、今のままの保険証を使い続けるとよいでしょう。

Q13.令和3年3月からは、健康保険証は使えなくなりますか。
A13.従来どおり健康保険証でも受診できます。

厚生労働省ホームページ

デメリット④:紛失したときのリスクが大きいカードを持ち歩かなければいけない

マイナンバーカードはセキュリティ性が高いと厚生労働省が発表している一方で、やはりマイナンバーカード紛失時のリスクは大きいです。

保険証や免許証に加えて、マイナンバーカードを財布に増やすのは、極力避けたいですよね(財布はなるべくカードを入れたくないという人も多いですし)。

あと、子供が1人で病院に行く場合なども、保険証の代わりとしてマイナンバーカードを持ち歩くことになるので、なおさら紛失リスクが怖いですよね。

デメリット①でも説明したとおり、マイナンバーカードの保険証化ができたとしても、当面はマイナンバーカードと保険証の2枚を持ち歩く必要があります。

物忘れが多い人や、財布をなるべく身軽にしたい人にとっては、病院にいくためにマイナンバーカードを常にもっていなければいけないのは、デメリットと言えるでしょう。

ちなみに、もしマイナンバーカードを紛失した場合は、利用停止を申請するためのコールセンターがありますので、頭の片隅に入れておくとよいです。

マイナンバー総合フリーダイヤル

デメリット⑤:ネット環境と最低限のITリテラシーが必要

医療情報がネット(マイナポータル)で一括で管理できるようになり、お薬手帳を持ち歩かなくてもよくなる一方で、スマホやネットに疎いおじいちゃん・おばあちゃんには使い勝手が悪い可能性があります。

マイナンバーカードの保険証化は、今まで紙で扱っていた情報のほとんどがデータ化されるため、ネットを使う際の最低限のITリテラシー(と、ネット環境も)は必要です。

マイナンバーの保険証化にはメリットも多いが、不安視(反対)する声も大きい

マイナンバーカードの保険証化にはメリットも多いのですが、やはり不安に感じる人も多いようです。

今後、マイナンバーカードを保険証代わりに使う人が増えてきたら、世の中の人たちの見方も変わるかもしれませんね。

まとめ:マイナンバーカードの保険証化はいったん様子見がベターか

2021年3月から開始するマイナンバーカードの保険証化について、デメリットを6つ解説しました。

  • デメリット①:保険証化されたマイナンバーカードは全薬局・病院で使える訳ではない
  • デメリット②:保険証化する前にまずはマイナンバーカードを作る必要がある
  • デメリット③:すべての情報を国に管理されるという精神的な不安感がある
  • デメリット④:紛失したときのリスクが大きいカードを持ち歩かなければいけない
  • デメリット⑤:ネット環境と最低限のITリテラシーが必要

日本全国の医療機関で保険証化されたマイナンバーカードが使えるようになるのは2023年3月の予定ですし、サービス開始直後はいろんな批判・問題が多くなりがちです。

2021年3月にマイナンバーカードの保険証化が始まって、世の中の人の印象や、問題が起きていないかなどを確認した上で、サービス利用の申請をしてもまったく遅くはありません。

これからマイナンバーカードを保険証として利用される方は、今回紹介したデメリットを意識しつつ、便利にカードを活用してくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

目次
閉じる