NTTと総務省が接待した場所クラブノックス麻布を徹底解説【会員制】

  • NTTと総務省が接待をした場所がクラブノックス麻布(KNOX)ってとこらしいけど、どれだけすごいお店なの?
  • クラブノックス麻布(KNOX)がNTTの関連会社が運営してるって、本当?
  • NTTと総務省が接待をしたクラブノックス麻布(KNOX)には、一般人でも行けるの?

と感じていませんか。

総務省の谷脇氏、山田広報官やNTTが絡む接待問題はますます波紋が広がるばかりですが、気になるのは「NTTと総務省メンバーが接待するくらいのクラブノックス麻布(KNOX)って、どれだけすごい場所なの?」という点ですよね。

この記事では、NTTと総務省の接待場所である「クラブノックス麻布(KNOX)」に焦点をあてて、どんなお店なのかを徹底解説します。

クラブノックス麻布(KNOX)がどんなお店なのか気になる人は、この記事を最後まで読んでください。

目次

NTTと総務省が接待した場所クラブノックス麻布はNTTグループ接待用の完全予約会員制レストラン

参照:Facebook/クラブノックス麻布

総務省がNTTに接待された場所の1つが「クラブノックス麻布(KNOX)」というお店です。

やはり、国家を代表する方が集うお店ということもあり、普通の飲食店ではありません。

  • NTTグループの接待用レストランで、一般人は利用できない
  • 会員費用は年間でおよそ〇〇円
  • ネット通販で買えるフォンダンショコラが高級

それぞれ詳しく解説します。

一般人は利用できないNTTグループ接待用のラウンジレストラン

クラブノックス麻布(KNOX)は、完全会員制のNTTグループ接待用のラウンジレストランのため、一般人は通常利用できません。

某口コミサイトでも「とある大企業から接待を受けました」「こんな秘密倶楽部みたいな会員制倶楽部を持っているんだ」とあるように、NTTからの接待を受けるときに、このクラブノックス麻布(KNOX)が利用されるようです。

(NTTから接待を受ける機会なんて、そうそう無いですよね。。)

口コミサイトや訪れている人の写真を見ても、みなフォーマルな格好(スーツ)をしているので、クラブノックス麻布(KNOX)はやはりビジネスで使われるラウンジレストランです。

ニュースでは、NTTから高額接待を受けたとされる野田氏(自民党幹事長)は「(接待との認識は)ない。ともに懇談会」とコメントしていますが、お店がお店だけに、接待と世間から受け止められても仕方ないですよね。

ネット通販もしているフォンダンショコラが名物

クラブノックス麻布をネットで検索して「なんで公式ページにフォンダンショコラの通販が?」と思った方もいるはずです。

実は、クラブノックスでは昔からフォンダンショコラが手土産というのが定番でしたが、あまりの美味しさに「会員でなくても買えるようにしてほしい」とのことから、通販が始まったようです。

  • 最高級の卵「いとしの黄身G」を使用
  • 世界一流のシェフ御用達のヴァローナ社チョコレートを使用

1本400gで3,240円(税込)と、けっこうお高めですが食べて見る価値はありそうです。

参照:Retty

購入サイトのリンクも貼っておきますね。

クラブノックス麻布のフォンダンショコラ購入はこちら

売り切れることも多いですが、毎週火曜日22時に販売をしているそうですよ。

NTTの接待用レストランであるクラブノックス麻布の価格は高め

超大企業であるNTTの接待用ラウンジレストランということで、クラブノックス麻布(KNOX)の価格帯はとても気になりますよね。

クラブノックス麻布(KNOX)の価格帯や、メニューを詳しく解説します。

お一人あたり15,000円〜20,000円

クラブノックス麻布(KNOX)の採用サイトには「客単価15,000円」とありますが、料理内容だけをみれば確かに15,000円が妥当と言えます(コースの中身は後ほど解説します)。

しかし、NTTの幹部レベルの接待であれば、そもそもNTTの会社経費から飲食代が支払われる可能性が高いと考えられるので、個人負担はかなり軽いでしょう。

参照:グルメキャリー

上の画像はクラブノックス麻布(KNOX)の店内画像ですが、高級感が漂っています。

NTTグループが保有している「クラブノックス麻布(KNOX)」が高級ラウンジレストランであることは間違いありません。

フレンチと日本料理の2コースを扱う

クラブノックス麻布(KNOX)はフレンチと日本料理の2種類のコースを扱っています。

一例ですが、フレンチのコースメニューを入手できました。

フレンチのコースメニュー
  • グリーンピースのフラン 明石マダコのマリネ 甘鯛フリット
  • 初夏の野菜と本ズワイ蟹入りトマトゼリー寄せ
  • ホタテ貝とホッキ貝とホワイトアスパラガス ヴィネグレットソース
  • イサキのソテー ブールノワゼットソース
  • ラタトゥイユとアスパラソバージュ添え
  • 国産牛ロース肉のエマンセと温野菜 エシャロットソース
  • タイ産マンゴー、メロン、ブルーベリーにマンゴーシャーベットを添えて
  • コーヒー 又は 紅茶

メインディッシュの国産牛ロース肉のエマンセと温野菜の画像です。

参照:Facebook/クラブノックス麻布

高級感があふれるコースメニューです。

NTTと総務省が接待した場所クラブノックス麻布の基本情報

NTTと総務省が接待した場所であるクラブノックス麻布(KNOX)の基本情報を解説します。

場所は麻布十番駅から徒歩2分

クラブノックス麻布(KNOX)は東京都港区の麻布十番駅から徒歩2分の場所に位置します。

なお、クラブノックス麻布(KNOX)はNTT本社(大手町)からはタクシーで15分ほどでアクセス可能で、総務省庁舎(霞が関)からはタクシーで10分ほどです。

NTTと総務省メンバーの接待場所としては、ちょうどよい距離にクラブノックス麻布はありますね。

土日祝は休みで、平日のみの営業

クラブノックス麻布は土日祝は休業で、平日のみ営業をしています。

営業日からみても、やはりクラブノックス麻布(KNOX)はビジネス向け・接待向けのレストランであることがわかります。

まとめ:NTTと総務省が接待した場所クラブノックス麻布は完全会員制のクラブハウス

NTTと総務省メンバーが接待をした場所「クラブノックス麻布(KNOX)」が、完全会員制であるとともに、高級メニューや手土産(フォンダンショコラ)を取り扱うことも解説しました。

国のトップレベルの方たちが接待をするとなると、一般人が行けないような会員制高級ラウンジレストランで開催されるんですね。

平井デジタル担当大臣【五輪アプリの開発会社(発注先)がどこか判明】

↑クラブノックスでの接待疑惑がある、平井デジタル担当大臣も関わっている五輪アプリについてまとめています。

合わせて読んでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

目次
閉じる