イケメン宇山賢(フェンシング)の彼女は太田奈々海(チームアナリスト)

  • 男子フェンシング日本代表の宇山賢がチームアナリストと恋愛してるらしけど、その女性は誰?
  • 男子フェンシング日本代表のチームアナリストの女性は、どんな人?
  • チームアナリストの女性の画像が見たい

と感じていませんか。

この記事では、男子フェンシング日本代表であるイケメン宇山賢選手の彼女と報道されているチームアナリストの女性を解説します。

参照:三菱電機(宇山賢選手)

この記事を読むことで、フェンシング日本代表のイケメン宇山賢選手の彼女の名前や、彼女がどんな人かが分かります。

「宇山賢選手の彼女は誰?」と気になっている人は、この記事を最後まで読んでください。

目次

イケメン宇山賢(フェンシング)の彼女はチームアナリストの「太田奈々海」

2021年5月のニュースで男子フェンシング日本代表のイケメン宇山賢選手の恋愛が報道されました。

先に結論から言うと「太田奈々海」さんが、イケメン宇山賢選手の彼女とされるチームアナリストの女性です。

参照:Wantedly(株式会社LIGHTz)

「宇山は20代後半のチームアナリストAさんと“禁断の愛”に溺れているのです。アナリストは戦略データを収集・分析し、選手とコーチをつなげる重要なスタッフ。

YAHOOニュース/2021年5月3日

太田奈々海さんは1994年生まれなので、2021年時点で26,27歳となるため、記事中の「20代後半」という文言と一致します。

また、フェンシングには「フルーレ」「エペ」「サーブル」という3種目ありますが、太田菜々海さんは「エペ」を担当していて、宇山賢選手も「エペ」の競技者ということで、競技も共通していますよね。

さらに、記事内で「色白で人懐っこい笑顔が特徴のAさん」とありますが、画像を見ても確かに愛嬌のある笑顔で、色白であることからAさん=太田奈々海さんであることが分かります。

イケメン宇山賢(フェンシング)の彼女である太田奈々海アナリストの経歴がすごい

フェンシング日本代表の宇山賢選手の彼女太田奈々海さんは、男子フェンシング日本代表のアナリスト(分析者)として「試合の動画撮影・データ化・分析」をするという、とても高度な役割を担っています。

アナリスト(分析者)というだけあり、やはり太田奈々海さんの経歴はすごかったのでご紹介します。

太田奈々海さんの学歴がやっぱりすごい件

太田奈々海さんは「アナリスト」とい仕事をしていることからも分かるように、昔から勉強は相当できたことが学歴から伺えます。

  • 出身高校:広尾学園高等学校(東京都、偏差値70)
  • 出身大学:慶應義塾大学

広尾学園は東京都麻布にある私立高校ですが、早慶上理(早稲田・慶応・上智・東京理科)といった名門大学の合格者を毎年200名前後輩出するエリート高校ですが、太田奈々海さんはその広尾学園を卒業しました。

大学は、慶應義塾大学の「環境情報学部」を卒業しています。

環境情報学部では「サイエンス・テクノロジー・デザイン」を駆使した研究を行っていますので、太田奈々海さんは大学時代の学問で現在の「アナリスト」に通じる勉強をしていたと考えられます。

太田奈々海さんはやはり、頭脳が良いことが学歴からも分かりますね。

LIGHTz社に引き抜かれてアナリストになった

太田奈々海さんは大学卒業後、メーカーに新卒入社していますが、3ヶ月でその企業を退職し、現在の「LIGHTz」という会社に転職をしています。

転職というよりも、むしろ「引き抜き」といったほうが正しいかもしれません。

実は転職してLIGHTzに参加しました。

3ヶ月某メーカーに勤めていましたが、

”フェンシング日本代表男子エペのスポーツアナリストにならないか”

というお誘いからLIGHTzに入りました。

Wantedly

LIGHTzはつくば市にある企業で、AI(人工知能)を専門として農業やスポーツ、教育分野でその技術を活かす事業を行っています。

太田奈々海さんは、男子フェンシング日本代表のアナリストとして活躍されていますが、これからもAIを生かして日本のフェンシング界がより強くなるよう、頑張っていただきたいですね。

まとめ:イケメン宇山賢(フェンシング)の彼女「太田奈々海」はアナリストとして日本代表をサポート

イケメン宇山賢選手の彼女がアナリストの「太田奈々海」さんであることを紹介しました。

また、太田奈々海さんは学歴からもわかるように、非常に頭がよく、現在もAIを使った高度な役割を担っていることを解説しました。

2021年はコ○ナの影響もあり、こういった宇山賢さんと太田奈々海さんの恋愛もそれに結び付けれて世間からバッシングを受けがちではありますが、幸せになっていただきたいですし、フェンシング界をもっと盛り上げてほしいと願います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

目次
閉じる